スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就学前の体験入学

2013-11-27 09:22

就学前の体験入学に行きました。

1時間目の体育は、みんなでマラソンをした後、縄跳び。
1-3年生は『大波小波』を飛べない子が多数。もちろん、娘も飛べません。
4-6年生は『大波小波』は飛べますが、
『ぐるりと回って』は、飛べません。
30年以上前の話になりますが、私、
『ぐるりと回って』は、3年生くらいで飛べたんじゃないかなぁ。
みんな頑張ろう

2時間目の算数は、1年生のクラスに入れてもらいました。
先生が持っている数字カードよりも「1つ大きい数」を言う問題で、
娘は指名されていないのに、答えを言ってしまい、
隣のA君:「言わないで」
娘:「うん、わかった」
という会話の後、娘は黙っていられました。

A君が答え終わった後、すかさず先生が、
「今ね、○ちゃん(娘)が、答えを言っちゃったの。
そしたらA君は『言わないで』って優しく言えたの。
怒らないで言えて、偉かったよね!」
と褒めていました。そして、
「○ちゃんは、『うん、わかった』って言って、
A君が答えるのを静かに聞けたの。偉いね」
と娘の事も褒めてくれました。

普通級だったら、怒られる場面なのに、
よくできたところを見つけて褒めてくれる。
こういうところが、支援級のありがたいところなんだなぁ

娘が問題に正解すると、先生が
「○ちゃん、よくできたね」と褒めてくれました。
すると、「簡単だよ」と娘。
おいおい、簡単な問題(5以下の数字)を出してくれたから正解できたんだよぉ

娘は、一言多い。
反抗しているワケじゃないけれど、
黙ってりゃいいのに、言ってしまう。
日常生活でも、一言多くて、イラっとする。

「こういうの、どうやったら治せますか?」
と先生に質問したら、
「『それは言わないで、心の中で思っていた方がいいね』
と、その都度、教えていくしかない」
と言われました。

う~ん、やっぱり経験を積み重ねていくしかないのかー。
いろいろ勉強になった一日でした。


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

就学前の健康診断に行って来ました。
内科と歯科検診は保育園で毎年受けていますが、
眼科や耳鼻科の検診は、初めてでした。

医者の前に立って、
耳鼻科は、耳と鼻の中を見せる。
眼科は、アッカンベーして、目を見てもらう。
ただ、それだけなんですが、
『初めての場所』ということもあり、
医者の前に立つこと自体を嫌がって、すごく怯えていました。

そんな様子を見て、耳鼻科の先生は、
「はいはい」という感じで、簡単に流してくれました。
(たぶん、診察してないんじゃないかな。でもアリガタイです)

そして眼科では、医者が手を出そうとすると、
「え?え?え?やだぁ・・」と言いながら後ずさりするので、
「じゃぁ、自分でアッカンベーして」と言われ、
娘が<アッカンベー>して、診察終了。
医者に、「はい、大丈夫」と言われた後、
開放感からなのか?ぴょんぴょん跳ねながら、
娘が「病気なかった?」と言うと、

「うっるせぇなぁ。こんなん、たまんないよ

という、医者の返事。

自分を何様だと思っているのか?
後から後から怒りがこみ上げて来ました
就学前検診には100人近く来ていて、
娘の診察番号は20番以内だったので、
イライラしたり、疲れたりするのは、早すぎなのでは?

そんなに子供が嫌いなら、
校医にならなければいいのに


なんとも後味の悪い、就学前検診でした。

最後に・・。
年長になってから、
「普通級でも大丈夫じゃないか?」と思うほど、
出来ることが増えてきたんですが、
『初めてのもの』に怯える姿を見て、
改めて、娘にはサポートが必要なんだと感じました。

それから、冷静に考えると、
眼科医も発達障害なのかもしれません。
お仲間でしたか!なんてね


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

年少の頃から、お世話になっているOTの先生は、
わたしと同年代(40歳代)で、話し方も、言葉の掛け方も、
とても優しい先生でした。

そう、「今までは優しかった」

先月のOTのとき、
パペットの口で、娘が先生の腕をパクパクと噛んだら、先生に、

「やめて!」

と冷たく言われて、娘は大泣きしました。
10分くらいで持ち直して、その後、運動療法で気分転換できたんですが、
豹変した先生に対して、娘は嫌悪感を抱いてしまったようです。

そして今月のOTでは、
娘&先生&私で、ゲームをすることになったとき、
娘が何も言わずに、右手をサッと前に出したら、
先生に、

「え?何それ?」

と言われてしまい、娘はあわてて、
「なんでもない、なんでもない」と言って、
手を引っ込めてしまいました。
そして先生に「何するか、わかんない。何するの?」
と促されて、もう一度、手を前に出した娘。
すると、

「やだ、それ。わかんないから、やだ」

と先生に言われて、何も言わずに手を引っ込めた娘は、
一呼吸置いて、大泣き。
その後、なんとか持ち直しましたが、
この出来事が、深い心のキズになってしまったようです。

女の子がいるお母さんは、ご存知だと思いますが、
プリキュアが戦うときに、みなんで手を重ねて、
一致団結する場面を再現したかったんだと思います。
だから、
「みんなで手を重ねて、一致団結する」
と、先生に説明できれば、よかったんだけど。
それが、できない(-_-)

OTの先生は、
「小学校に行ったら、こういう話し方をする子もいるので、
普通の(優しくない)言い方に、慣れる訓練をしていきましょう。
それから、お母さんが傍にいないときに、
自分一人で立ち直れるか?がポイントでしょうねぇ」
と、言ってました。

なるほど・・・。

でも、娘には刺激が強すぎたようで、「もうOTに行きたくない
そのときの話を蒸し返すと、
「楽しくない話はしないで」と、またオイオイ泣き出します。

保育園の先生やお友達は、
みんな優しく話しかけてくれます。
冷たい話し方をする子がいるとしたら、
おそらく娘は、その子に「近づかない」「関わらない」
で、園生活を送ってきたんだと思います。

小学校に行ったら、共同作業とかもあるだろうし、
「関わらない」で切り抜けられないかもしれません。
だから、いろんな話し方に慣れる必要はあると思うんです。

が。

今まで、優しかった人が、手のひらを返したように冷たくなったら、
子供は、戸惑うんじゃないかなぁ。
大人だって、
「何か気に障るようなことしちゃったのかな?」
って、心配になりますよねぇ。

これで、いいのか?という、疑問が残る方法だけど、
他の方法も見当たらないし。

なんだか、もやもやしてます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

得な性格 vs 損な性格

2013-11-12 10:45

わたしは、人付き合いが苦手です。
「そんな人、いるの?」と思われるかもしれませんが、世間話ができません。
「今日は寒いですね」くらいは言いますが、
近所の人と立ち話をすることは、ありません。
このマンションに5年住んでいますが、近所の人との立ち話は10回以下。
子供がいる親同士なら共通の話題があるだろうと、
自分でも思っていたんですが・・、ないです。
「何年生ですか?」「ダンス習ってるんですか」等々、
挨拶程度に言葉を交わして終了。
幼稚園バスの送迎場所で、ママたちが話し込んでいるのを見ると、
「毎日2回も会ってるのに、長時間、何を話しているのかなー」
と、不思議に思ってしまいます。

それから、文句を言うのも苦手です。
波風立てずに過ごしたいので、
たとえ相手が悪くても、自分が多少の損をしても、
まぁ、いいか。。。で済ませる、事なかれ主義です。

どうしても言わなきゃいけないことは、言いますが、
たとえ、自分に非がなくても、
一日、その時の会話が頭から離れずに、
どよ~んとしてテンションが下がってしまうので、
できる限り、まぁ、いいか。。。で済ませたい。

今まで、「言えばよかった」「言うべきだった」
と後悔したことも、たくさんあります。
だから、今は、後悔するか、しないかが、
「言う」or「言わない」のポイントになってます。

一方、うちの主人は、思ったことは、絶対言う。
多少、自分に非があっても、相手の方が数倍悪いと抗議します。

たとえば、自転車が歩道を走っていると、歩道の真ん中を歩いて、
絶対、よけません。
「歩道を通るなら、押して歩け」「自転車は車道を走るのがルールだ」
言ってることは正しい。だけど、融通が利かないというか、なんというか。
少し端に寄れば通れるのに・・と、わたしは思うんですが、
交通ルールを守らないヤツは自転車に乗るな!って感じです。

それから、歩道のない道路を歩いていて、
車がクラクション(通りますよ~の合図)を鳴らしたら、
「なんでクラクション鳴らすんだ。どけってことか!」みたいな文句。

日ごろから、「口げんかじゃ、誰にも負けねぇ」と言ってて、
わたしとケンカしていても、自分が文句を言って終わらないと気が済まない。
学生の頃、友達に、「いつか他人に刺し殺されるぞ」と言われたこともあるようで、
今まで、どんだけケンカしてきたんだか。

・・・ここまで書くと、友達がいない嫌われ者だと思われそうですが、
いやいやいやいや~、友達がいっぱいいます。
土日の散歩仲間が多数、さらに会社の飲み仲間も多く、
携帯のアドレス帳は、友達でいっぱい。

気性が激しい ⇒ 覇気がある ⇒ プラス思考 ⇒ 一緒にいると楽しい

他の方のブログで、「ADHDの成功例」というのを読みましたが、
うちの主人も、短所を長所に変える力がある人だと思います。

「人にちょっと嫌われるくらい、思い通りに生きている方が人生楽しいんだ!」

その言葉通り、主人は、今日死んでも後悔しない生き方をしている、得な性格。
それに比べて、わたしは損な性格だな~と、つくづく思います。

娘は、主人2/3+わたし1/3、くらいの感じになって欲しいです


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。