スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月に入って、引き算を習い始めたんですが、
なんだか、答えが怪しい・・・

指を使って、
一緒に数えると、できるんだけど、一人でやると間違える。

一人で計算できないということは、わかってないんだよねぇ

ってことで、
『学研のよくわかる かず・さんすう』を買いました。
表側にクマ、裏側には数字が書いてあります。

001_convert_20140730153600.jpg


これに、娘がハマりました

「公園でクマが8匹遊んでいました。
夕方になったので、3匹のクマが家に帰りました。
公園で遊んでいるクマは何匹でしょう?」

最初は、8匹クマ棒と3匹クマ棒を重ね合わせて、
機械的に「5匹」と答えていましたが。

何回も、何回も、

ええ、そりゃあ、もう、

何回も何十回も繰り返したら、

どこかでビビッと来たようで、

クマ棒を使わずに、自分の指を使って一人で答えられるようになりました

このセットには、20までの数字カードと、
「?+?=?」「?-?=?」のような、
足し算&引き算の式作成カードも付いているので、
今では、?に数字を置いて計算できるようになりました。

004_convert_20140730153731.jpg

003_convert_20140730153657.jpg


引き算の問題を、足し算にして答えたりしていたのに、すごい進歩です。
途切れていた頭の中の回線が、別の回線に繋がったのかなぁ

「対象年齢:3歳以上」なので、もっと早く買っておけば長く使えたかも。。
とも思いましたが、新鮮さも大事だと思うので、
うちの娘の場合は、引き算を習ったタイミングで購入して正解だったと思います。

我が家は、通信教材をとっていないので、
副教材としては、久々の大ヒット!かなりオススメです。

この教材と一緒に、100玉そろばんを購入しました。

011_convert_20140730153843.jpg

わたしが使いこなしていないのも原因だと思いますが、
こちらには、まったく関心を示しません

支援級でも、似たような、そろばんを使っているし、
シンプルすぎて魅力がないようで、今のところ出番がありません。

失敗しました


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

1回/週の支援級では、板書がうまくできるように、
目のトレーニングをしています。

夏休み中もトレーニングを続けるようにと、こんなプリントをもらいました。

syukudai.jpg

アットスクール おすすめ教材SHOP
knock knockシリーズ「見くらべレース2」

右側vs左側の図形を見比べて、同じなら◎、違っていれば×。
一般的な「間違い探し」よりもシンプル。

日常生活では、机の上にゴチャゴチャと物がいっぱい置いてあると、
目的の物が見つけられません。
でも、机の上に目的の物だけ置いてあれば、見つけられます。

だから、全体像をぼんやり見るのではなく、
部分的に集中して見られるようになったら、
板書だけでなく、探し物もできるようになるかも


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

今朝、ベランダから集団登校の集合場所に歩いていく娘を見ていました。

すぐ後ろに、上の学年の女の子が歩いていて、
女の子に気付いた娘が近づいていくと、
その女の子は後ろ向きに歩き始めました

さらに娘が近づくと、女の子は前向きに歩き出しましたが、
明らかに、「近づくな」オーラ全開

そして、2,3メートル歩いた後、娘が「もぉ~」と言いながら、
走っていきました

「近づくな」とか、「話しかけるな」とか、言われたのかな。。。。
マンションの敷地で一緒に遊んだことがあるので、
娘は、「少し仲良くなれた友達」だと思って、話しかけたんだと思いますが、
その女の子は違っていたようです。
主人が迎えに行くまで、かれこれ3時間、二人で遊んでいたけど、
何か違和感があったのかもしれません。

まぁ、一言でいうと、

<つまらなかった>

<もう遊びたくない>

って感じでしょうか

娘のコミュニケーション能力だと、
そう思われても仕方ないのかもしれません。

先日、同級生が家に遊びに来たんですが、
その様子を見ていると、母親の私でさえ、娘のテンションには???
でした

鬼ごっこの時は、キャーキャー言いながら、みんなハイテンション
近所から苦情がくるんじゃないかってくらいウルサかった。
ま、小1だからね。ここまでは、いいんです。

で、その後、部屋でハンバーガー屋さんの、おままごとで遊んだ時。

みんなクールダウンして、普段のテンションで
チーズバーガーとか、ダブルバーガーを作っていたんですが、
娘だけはハイテンションを引きづり、

「トマトちょうだい」と言われると、
「はい!はい!どぉぞぉ~!いっぱいどぉぞぉ~!」
と、トマトをジャラジャラジャラと乱暴に渡したり、

お友達がハンバーグを何枚重ねられるか?挑戦しているときに、
「カードいりませんか!カードありますよ!」
と、ぜんぜん別の話を持ちかけてみたり。

一人で盛り上がってる、異様な光景でした

正直、これじゃあ、友達できないよなぁ・・

30分程度なら、友達同士で遊べるけれど、
時間が長くなると、大人のフォローが必要。

改善するために、何をすれば良いのか分かりません。

感情の起伏を抑える訓練が必要なのかなぁ。
それとも、クールダウンの練習が必要なのかなぁ。

悩みは尽きません


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。