スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園に通い始めた年少の頃、よく高熱を出してました。
40度を超えたことはありませんが、
2-3日、熱でぐったりすることもあり、
当時は、すごく心配しました。

そして、熱が下がり始めた途端に元気になり、
部屋の中で遊び始めることが多かったです。
たとえ38度あっても、
熱が下がり始めると同時に体調が戻るようで
普段と変わらないくらい元気でした

個人的な経験ですが、
40度近い熱が出た後、今までできなかったのに、
「あれ?できる!」と
驚いたことが何回かありました。

裏返しになってる洋服を表側にできる
靴下のカカトに合わせて、きちんと履ける
サスペンダー付きのスカートが履ける
                         などなど・・・

家や保育園で、お着替えの練習をしていたので、
熱が出た後に、偶然、練習の成果が出ただけなのかもしれませんが、
とても感動したのを覚えています。

ST(言語療法)の先生に話したら、
「医学的には証明されていませんが、
『熱が出た後、言葉の数が増えた』と
言ってるお母さんがいました」とのこと。
同じような経験をされている方がいるんだなーと
思いました

脳は複雑だから、人間が想像できないような
何かが起こるのかもしれません


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。