スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌いな方はスルーしてください。


我が家の娘は広汎性発達障害です。
わたしも夫も40代。
娘が30歳になる頃、
おそらく、わたしたち夫婦は、いません。

わたしたちが亡き後、
娘は、どうやって生きていけばいいのか。
いとこが、ひとりいますが、
娘の面倒をみてもらうことなんて、できません。

「自立して一人で生きていけるように、
何か手に職を持たせなければ」
アラフォー母さんは、いつも考えています。

そこで、娘に向いている仕事は何なのか、
「眠れる預言者」と呼ばれていたエドガー・ケイシーのように
リーディングができる方に聞いてみました。

その答えです(原文のまま)。
--------------------------------------ココカラ--
将来の仕事としては
作業的なこと
製造業などの工場で働く、などが考えられます

また、日本は福祉社会を目指している面もあるので、
絶対働かないと生きていけない
ということでもありません
そういった制度を活用し、まず調べましょう

働けるに越したことはありませんが、
働くのが厳しい場合は、
親が生きているうちに、よく調べて、
条件を満たす制度を活用して
生きていけるような軌道を作っておいてあげましょう

また、結婚できれば、専業主婦として
生きていけるということもあります

どうしても、本人が働かなければ
将来、生きていけない、とは限りません
--------------------------------------ココマデ--

人間は輪廻転生を繰り返しているので、
得意な分野(例えば、食品関係とか、服飾関係とか・・)が、
1つくらいはあるだろうと思っていたんですが、
「製造業」って、範囲が広すぎて、
どんなことに重点を置いて訓練すればよいのか、
悩みます

そして、福祉を利用するという選択肢も示されていて、
自立が難しいという現実を、改めて感じました。

最後に「専業主婦」という言葉が出てきて驚きました。
娘が恋をして結婚するなんて、
想像したことがなかったので、
ちょっと、嬉しく思いました。

「好きなことを続けているうちに、それが職業になった」
これが理想なんですよねえ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。