スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就学前の健康診断に行って来ました。
内科と歯科検診は保育園で毎年受けていますが、
眼科や耳鼻科の検診は、初めてでした。

医者の前に立って、
耳鼻科は、耳と鼻の中を見せる。
眼科は、アッカンベーして、目を見てもらう。
ただ、それだけなんですが、
『初めての場所』ということもあり、
医者の前に立つこと自体を嫌がって、すごく怯えていました。

そんな様子を見て、耳鼻科の先生は、
「はいはい」という感じで、簡単に流してくれました。
(たぶん、診察してないんじゃないかな。でもアリガタイです)

そして眼科では、医者が手を出そうとすると、
「え?え?え?やだぁ・・」と言いながら後ずさりするので、
「じゃぁ、自分でアッカンベーして」と言われ、
娘が<アッカンベー>して、診察終了。
医者に、「はい、大丈夫」と言われた後、
開放感からなのか?ぴょんぴょん跳ねながら、
娘が「病気なかった?」と言うと、

「うっるせぇなぁ。こんなん、たまんないよ

という、医者の返事。

自分を何様だと思っているのか?
後から後から怒りがこみ上げて来ました
就学前検診には100人近く来ていて、
娘の診察番号は20番以内だったので、
イライラしたり、疲れたりするのは、早すぎなのでは?

そんなに子供が嫌いなら、
校医にならなければいいのに


なんとも後味の悪い、就学前検診でした。

最後に・・。
年長になってから、
「普通級でも大丈夫じゃないか?」と思うほど、
出来ることが増えてきたんですが、
『初めてのもの』に怯える姿を見て、
改めて、娘にはサポートが必要なんだと感じました。

それから、冷静に考えると、
眼科医も発達障害なのかもしれません。
お仲間でしたか!なんてね


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。