スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話がかみ合わない理由

2014-01-21 09:24


娘が友達と話している様子を見ていると、
2,3往復は、的を得た返事をしているのに、
だんだん、要領を得ない、トンチンカンな受け答えになる。

だから、就学後もST(言語療法)の授業を受けたいと、主治医にお願いした。

「友達との会話についていけないので・・・」

「入学したら、小学校の先生の指導が受けられるので、
学校を休んでまで療育に来る必要はありません。
STは夏休みなどの長期の休みに、受ければいいですよ」

「でも、話の内容が複雑になってくると、質問の意味が理解できないようなんです」

「それは、理解できないのではなく、集中力の問題だと思います。
集中が途切れて、相手の話が頭に入らなくなるんでしょうね」

「えぇ、2,3往復、話しただけで、集中が途切れるんですか?」

「いい方ですよ。1回も相手の話を聞けない子もいますから」

そうか~、そうだったのか。話を聞いていないのか。
原因がわかったところで、今後、どのようにしていけば良いでしょうか?

「学校の先生や、お友達と、たくさん話すようにしてください」

はい、わかりました。
先生や友達が、娘の話に根気良く付き合ってくれればの話ですが

やっぱり、経験を積んでいくしかないんだ
でも、この<<経験>>を積むこと自体が、年々難しくなってる。
なぜなら、同じクラスなのに、挨拶すらしない友達が、たくさんいるから。

娘に対して違和感を感じ始めているのかと思うと、
仕方のないことだけど、寂しい


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。