スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADHDのお片づけ事情

2014-02-04 11:48

ADHDの特性なのか、
娘は、次々いろんなおもちゃを出すので、
リビングの床が見えないくらい、おもちゃが散乱している

年中までは、「お片づけするよ」と声を掛けても、
おもちゃを30センチ位、移動させるだけで、
何ひとつ片付けられなかった

そんなこんなでしたが、
かれこれ2年以上、お片づけの練習をしてきたおかげで、
やっと一人で綺麗にお片づけできるようになりました
娘は、<床が見えること>が、お片づけ終了の目安になっているようです。

片付け⇒おもちゃをひとつにまとめる⇒床が見えるようになったら終了

というふうに、理解してるようです。

大きなおもちゃは、壁際へ移動。
小さなおもちゃや、画用紙に描いた絵、切り刻んだ紙クズは、
ひとつの箱に入れる。

相変わらず、おもちゃの取り扱いが乱暴な上に、
「これは一緒に入れない方がいいでしょ」と思うものでさえ、
何のためらいもなく、ポイポイポイポイ箱に入れるので、
とても早く片づけられるようになりました

ここまでくるのに、長い時間がかかったけれど、
保育園のように、箱に入れるおもちゃの写真を貼ったり、
個々のおもちゃの位置を固定して解かり易くしていれば、
もっと早く、お片づけができるようになっていたと思います。

やっぱ、手間を惜しんじゃダメですね

手間を掛けずに、お片づけの練習をされる方は、

<おもちゃをひとつにまとめる>
<床が見えたら終了>

と伝えると、良いと思います


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。