スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三種混合の1期追加の予防接種に行ってきました。
みなさんは、どうやって予防接種を乗り切っているのかな~
と思いながら、書いてます。

うちの場合、一週間前から、

「針を刺すとき、チクってするけど、
『いたい!』って思ったら、終わってるよ。
あっという間だよ~」

と、毎日予告しています。

年中までは、予告の効果もあり、
病院へ行くのを嫌がりませんでした。
まぁ、診察室に入ると大泣きしてましたが、許容範囲内でした。

が、年長の秋。
インフルエンザの予防接種を受けに行ったら、
診察室で暴れました。

「いやだ、いやだ、絶対いやだ。注射いやだ~、帰る~!!」

泣き叫ぶ娘の声が病院じゅうに響き渡り、
診察室で怒鳴りながら、受けさせた記憶があります。

そんなことがあっても、
予防接種は受けた方がいいし、
冬は病院が混むので、
夏休み前に予防接種を受けさせることにしました。

予約したのは、娘を出産した産婦人科&小児科。
眼科や歯科なども入ってるメディカルセンターで、
院内は広々として、床には絨毯。
ホテルのような洒落た階段もあるので、娘のテンションが上がりそうです。

一週間前に、下見に行くと、
予想通り、小躍りしながら病院内を散策する娘。

「こりゃ、いい感じだわ~」
なんて思ってたけど・・、甘かった。

接種当日、
「今日は予防接種だから、急いで教室から出てきたの」
と、受ける気満々。すんなり病院へ。

そして、プレイエリアでアンパンマンのビデオを見て、
まったりしながら、20分ほど過ごしていると、

「○○さん」

看護師さんに呼ばれた。その途端、

「え~、行きたくないよう。注射嫌だよ。帰りたいよ~!」

と、娘は豹変。

診察室の中に入ったものの、
問診中にも、グズグズ文句。

「さぁ、注射しましょう」

と言われると、
「いやだ、いやだ、注射いやだ~!」

と診察室の中を逃げ回り始めた。
これじゃ年長の予防接種の時と同じじゃないか・・・。

看護師さんに、
「お母さん、抱っこしてしてください。」と言われ、
さらに看護師さんが三人がかりで押さえつけると、
発狂したように泣き叫ぶ娘。

尋常じゃない叫び声に、
まるで、娘に拷問しているような、
そんな、いたたまれない気持ちになり、

「もう、いいです」

と、中止してもらいました。

「どんなに騒いでも、予防接種を受けるぞ!」
と意気込んで病院に来たけれど、
みんなに押えつけられて、半狂乱の娘。
ここまでして、予防接種を受ける意味があるのかなぁ~、
と弱気になってしまいました。

初めて会う、小児科の先生に、ADHDだと伝えると、
「ああ」と納得した様子。
でも、押さえつけていた看護師さんの中には、
「え?何それ」って感じで、ADHDを知らない人もいました。

看護師長さんに、
「少し、落ち着いてから、後で、また呼びましょうか?」
と言われ、一旦、診察室を出てクールダウン。

診察室を出てから、2,3分グズグズ泣いてましたが、
すぐにアンパンマンのビデオに釘付け。

「どうする?予防接種を受けないと、プールは入れないよ。頑張れる?」
と聞くと、
「大丈夫」と、娘。

ちょうど、アンパンマンのビデオが終わった頃に、
再び呼ばれて、再度、挑戦。

娘は、診察室まで、10cmづつチョコマカチョコマカ進んで、
診察室に着くと、扉に張り付いていました。

が、看護師さんに、
お土産のキラキラ鉛筆をもらって、落ち着きを取り戻し、
一回目ほどではありませんが、暴れるのを抑えて、
予防接種をしていただきました。

接種後も大声で泣き叫んでいましたが、
しばらく泣いたら、気が済んだのか、
ドラえもんのビデオに釘付け。

とりあえず、期限が決まっている予防接種は、全部終わりました。
ヨカッタ・・・・。

私は小学2年生の頃、学校で集団接種を受けましたが、
暴れて逃げ回る子、いなかったよなぁ~。
泣く子もいなかったと思う。。。


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。