スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休み明けの登校

2014-09-03 09:08


2学期の初日、
朝の第一声が、「学校、行きたくない」

8月下旬頃から、「早く(来年の)7月が来ないかな」と言ってたから、
予想はしていたものの、がっくり

「今日は給食がないから、早く帰れるよ」となだめて、
時間通りに登校班の集合場所まで送り出した。

初日の印象って、すごく大切だから、
今日一日、何も起こりませんように・・と思っていたのに、

「ランドセルの中に入ってたお茶がこぼれて、
宿題や教科書が濡れてしまい、娘さんが、わーっと泣きました。
濡れたものを干したんですが、完全に乾いていないので、
自宅で乾かしてください」

と担任から電話

ガーン・・

あまりにも久しぶりの登校だったので、
ステンレスボトルのキャップに、ゴムパッキンを付けるのを忘れてました。
母の責任です。テンションが下がりまくりました


そして2学期二日目。
朝の第一声は、

「なんか、風邪引いたみたい。ゴホゴホッ。
学校は休んだ方がいいかな~」

7時前に起きたのに、ソファーでボーッとして、
ご飯を食べ始めたのは7時半。

当然、集合時間に間に合わず、遅刻 

「みんなを待たせて、申し訳ないなぁ~」
と思いながら、ベランダで集合場所を見ていると、

「うぎゃ~

と言う、子供の叫び声

となりのクラスの1年生が
マンションの階段で、お母さんとバトルを繰り広げていました

「さっさと行きなさい!!

「うぎゃ~、うぎゃ~、うぎゃ~

・・・・。

1年生は、どの子も大変なんだなぁ

お陰で、娘の遅刻は目立ちませんでした。


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。