スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が年長の時、固定学級を2校見学しました。

どちらも、普通学級と同じ科目で時間割が構成されていたので、
5-6人の少人数で勉強すること以外は、
普通学級との違いは感じられませんでした。

なので、固定学級は、

療育的な配慮がされている少人数のクラスで、一般的な学校生活を送る

という印象でした。


それに対して、今、通っている1回/週の通級の時間割は、
勉強以外は普通学級には、ない内容です。

1時間目:運動
2時間目:コミュニケーションの勉強
      (プレゼントをもらったら、たとえ気に入らなくても、
       相手の気持ちを考えて、"ありがとう"と言う、等)
3時間目:さんすうorこくご
4時間目:手芸・工作
5時間目:生活指導(着替えやトイレの使い方、等)

個人的な意見ですが、通級は「療育」という感じです。

だから、入級した頃は、

学校生活に慣れたら、通級を止めて、

土曜日に民間の療育機関に行こうと考えていました。


でも、娘にとって通級は、

普通学級で受けたストレスを発散できる、落ち着ける場所

になりつつあるので、
このまま、本人が続けたいだけ、続けようと思っています。


通級と固定学級、どちらが良いのか?

通学区に両方あると迷いますよねぇ


たくさんの友達と遊べるのは、普通学級。
特に情緒障害の支援学級には女の子が少ないので、普通学級は魅力


でも勉強は、固定学級の方が身につくんだろうな・・。


うちは、夫の転勤で、通級しかない学区に引っ越してしまったので、
選択の余地がありませんでした。

どちらも、一長一短。

先生との相性もあるし、入級してみないと
わからないのかもしれません。


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。