スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高校には行かない」

2014-10-27 09:16


「中学を卒業したら、家で、お母さんのお手伝いをする」

小1の娘、勉強が嫌で嫌で仕方ないらしい

義務教育が終わったら、学校には行かないと高らかに宣言


クラスの中に、保育園も幼稚園も行っていない子がいて、

驚いて帰ってきた。

「お母さんが働いていて、ひよこさん(0歳)から入ってる子がいたでしょ?

あなたと同じように年少から入った子もいたでしょ?

保育園や幼稚園は行きたいときに、行きたい人が行くんだよ」

と言うと、

「わたしは何で行ったの?」

「保育園には、お友達がいっぱいいて一緒に遊べるから」

「わたしは家に居たかった」

「・・・  」


娘は、1月生まれなので、

年中から入園させようか迷ったんですが、

2歳頃は多動が強く、夜驚症(やきょうしょう)もあり、

わたしが苦しくて、どうにかなってしまいそうだったので、

年少から入園させました。


当時は、実母に相談しても相手にされず、

「あんたも小さいとき、そんな感じだったわよ」

と言われ、孤独な子育てをしていました。

孫が発達障害だなんて思っていなかったので仕方ないけれど、

この言葉は、一生忘れられません。


話を元に戻します。

卒園後も、

「保育園に行かないで、家に居たかった」

と強く思っている娘を見ると、正直、切ないです  

社会性を身につけるために、

なるべく早く入園させた方が良いと言われ、

実際、その通りだと思うんですが、

娘にとっては、苦しいことが多かったのかなと思います。

ただ、保育園から届いた「運動会のお知らせ」のハガキを見て、

「行きたい!」と言ってたので、

悲しい思い出ばかりじゃないと思うけれど 


結局、

行きたいときに行って、家に居たいときは家で過ごす 

そんな気ままな生活がしたいようです。


お母さんも、したいよ~!! 



にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぴょん

Author:ぴょん
小1の娘の40代母さんです。育児の合間に、ちくちくしてます。最近、ミシンも始めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。